ふるさと納税・通信販売のおすすめ美味いもん

「ふるさと納税」や「通信販売」など、実際に食べた「肉」「魚」「カニ」など、おすすめの美味しいものを紹介するブログです。

【おすすめランキング】「通販 毛ガニ」失敗しない通販の毛ガニはここだ!

      2021/10/17


 

「毛ガニ」は、年末年始のご馳走や、お中元・暑中見舞い・お歳暮の贈り物、母の日や父の日のプレゼントなど、様々なシーンを豪華に彩ってくれます。

しかし、カニの通販会社はたくさんあり、正直「はずれ」の「毛ガニ」もあるので、どこが良いのか迷いますよね。

そこで、今まで数々の毛ガニを食べてきた経験から、「毛ガニ」のおすすめ通販会社を独断でランキングにしてみました。
「味」「値段」「大きさ」など、選ぶ時の基準も人それぞれだと思いますが、美味しくないと意味がないので、私は「味」重視でランキングにしています。

実際に注文して食べた口コミや、「値段の比較」・「毛ガニの旬」・「解凍方法」など、通販の毛ガニを美味しく食べるためのポイントも記載しています。

少しでも参考になれば幸いです。


 

「北釧水産」では、料理屋さん向けの「毛ガニ」を 期間限定特別価格で販売中です。
↓↓↓↓↓
「北釧水産」の今だけ格安「毛ガニ」

「かにまみれ」では、年末年始の予約注文をスタート!
年末年始はあっという間に在庫がなくなってしまうので、早めの予約がおススメです。
↓↓↓↓↓
「かにまみれ」の「冬ギフト」


 

1位:北釧水産

通販の毛ガニを数々食べてきましたが、ここが一番美味い!
冷凍技術が進歩しているとはいえ、やはり朝茹での冷蔵毛ガニの方が新鮮で美味しい。
その冷蔵毛ガニをほぼ年中扱っているのが「北釧水産」。

「値段」や「大きさ」も大事だけれども、やっぱり「味」が一番大事ということで、「北釧水産」を第1位にしました!

 

<北釧水産の特徴>

♦冷凍だけではなく、「朝茹で冷蔵」や「活きたまま」の毛ガニをほぼ年中扱っている

♦産地によって毛ガニの旬(漁期)は異なるため、プロの目利きで、その時々の旬の毛ガニを様々な産地から厳選している

♦朝茹で毛ガニは、こだわりの茹で加減で、塩分控え目

♦冷蔵なのに配達日の指定ができる

保冷剤も入っていて、梱包は完璧。キッチンバサミも入ってた!

♦「北釧水産」の鮮度や品質に対するこだわりは以下リンク先から。
様々な取り組みを見ると、美味しいのも納得できますね。
北釧水産のこだわり

 

<レビュー記事>

最高に美味しかったレビュー記事はこちら。
実際に注文した時の毛ガニの画像も載せています。
レビュー記事(冷蔵)
レビュー記事(冷凍)

<公式ホームページ>

毛ガニの通販で絶対に失敗したくない人は、以下の「公式ホームページ」から↓↓↓
毛ガニの他にも、「うに」や「ホタテ」や「エビ」など、美味しいものがたくさんあります!
北釧水産 公式ホームページ


 

2位:かにまみれ

「かにまみれ」は業界最高3~4特ランクの堅蟹を使用しているのが一番の特徴。
一般的に1特や2特の毛蟹は量販店やスーパーで出回り、高級な料亭でも3特毛蟹が中心で、4特毛蟹は仕入れの困難さからなかなか流通しないそうですから、「かにまみれ」の品質に対する拘りはすごいです。

3~4特ランクの毛ガニですので、まずハズレはありません。
特に春限定の冷蔵「流氷明け毛ガニ」は、1位の北釧水産を上回るほど美味しい!

 

<かにまみれの特徴>

♦高級店並みの品質である、厳しい基準をクリアした業界最高3~4特ランクの堅蟹を扱っている

♦Yahoo!ショッピッングの毛ガニ通販サイトにおいて、売れ筋ランキング第1位、お中元売れ筋ギフトランキング第1位

♦「かにまみれ」の看板商品であり、リピート支持率No.1

保冷剤も入っていて、梱包は完璧

♦冷蔵の毛ガニは、オホーツク産の毛ガニ漁が解禁になる春だけ

♦「かにまみれ」の「訳なし」へのこだわりは以下リンク先から。
「訳あり」通販が横行するなか、「訳なし」を徹底的に追及する「かにまみれ」の姿勢は消費者には嬉しいですね。
「かにまみれ」のこだわり

 

<レビュー記事>

大満足のレビュー記事はこちら。
レビュー記事(冷凍)
レビュー記事(春限定の冷蔵)

<公式ホームページ>

ご注文は以下の「公式ホームページ」から↓↓↓
毛ガニの他にも、「ズワイガニ」や「タラバガニ」もあり、食べ比べセットもあります!
かにまみれ 公式ホームページ


 

3位:最北の海鮮市場

「最北の海鮮市場」は、毛ガニの聖地といわれるオホーツク海の中でも、冷たい海で育った「北オホーツク海域」の毛ガニを厳選しています。
また、水揚げされてから茹で上げ加工されるまで1秒たりとも無駄にできないとのことで、港からわずか10分の加工場で手早く茹で上げています。
ホームページでは「極」と銘打っていますが、その名に恥じない品質への拘りがあります。

 

<最北の海鮮市場の特徴>

北オホーツク海域の厳選した毛ガニ

港からわずか10分の加工場で手早く茹で上げている

♦しっかりと身の詰まった「堅カニ」を厳選している

専用の「蟹たれ」が付いている

♦冷蔵の毛ガニは、オホーツク産の毛ガニ漁が解禁になる春だけ

 

<レビュー記事>

最高に美味しかったレビュー記事はこちら。
レビュー記事(春限定の冷蔵)

<公式ホームページ>

ご注文は以下の「公式ホームページ」から↓↓↓
毛ガニの他にも、「ラム肉」や「ホタテ」や「ウニ」など、北海道の美味しいものがたくさんあります!
最北の海鮮市場 公式ホームページ


 

4位:網走水産

「網走水産」はオホーツクの海産物を中心に扱っており、水産会社ならではの品質が特徴です。
値段が他よりもちょっと安いので、値段で選ぶなら網走水産がおすすめです。

 

<網走水産の特徴>

♦「オホーツクの海の幸を全国の食卓に」を合言葉に、オホーツク産の商品を中心に扱っている

30年以上の通信販売実績がある

♦他の通販会社よりも値段がちょっと安め

♦冷蔵の毛ガニは、オホーツク産の毛ガニ漁が解禁になる春だけ

♦「網走水産」の「品質」・「鮮度」・「真心」・「利用」へのこだわりは以下リンク先から。 網走水産のこだわり

 

<レビュー記事>

とても美味しかったレビュー記事はこちら。
レビュー記事(春限定の冷蔵)

<公式ホームページ>

ご注文は以下の「公式ホームページ」から↓↓↓
毛ガニの他にも、「生うに」や「いくら」など、北海道の美味しいものが揃っています。
網走水産 公式ホームページ


 

5位:蟹工場

「蟹工場」は自社に蟹を入れる大型の生け簀を保有しているので、年間を通して「茹でたて冷蔵毛ガニ」や「活毛ガニ」を販売しているのが特徴です。
ただし、「獲れ立て」ではなく、生け簀で飼われている状態なので、「獲れ立て」に拘る方にはお勧めできません。

 

<蟹工場の特徴>

♦自社に大型の生け簀を保有している

♦年間を通して「茹でたて冷蔵毛ガニ」や「活毛ガニ」を扱っている

♦30年以上の営業実績

♦値段が安い

 

<レビュー記事>

レビュー記事(冷蔵)

<公式ホームページ>

ご注文は以下の「公式ホームページ」から↓↓↓
蟹工場 公式ホームページ

 


以上、ランキングは随時更新します。

 

<値段比較>

ランキングは「味」重視ですが、参考までに、冷凍の毛ガニ1尾をもとに、送料を含まない税込価格を比較してみました。
毛ガニは茹でる前後で重さが2~3割違うのですが、お店によってどちらの重さ・金額を表示しているのかが分からないので、あくまでも参考値になります。
やっぱり値段だと「網走水産」や「蟹工場」が安いですね。
※各社のホームページに記載の内容量や金額から算出した参考値です。

北釧水産 500g前後 7,300円 1gあたり14.6円
かにまみれ 500g前後 7,380円 1gあたり14.8円
最北の海鮮市場 500g前後 7,680円 1gあたり15.3円
網走水産 約650g 6,500円 1gあたり10.0円
蟹工場 500g前後 4,800円 1gあたり9.6円

※現在は値段が変更になっている可能性があります。

 

<毛ガニの旬>

毛ガニは1年を通して北海道近海のいたるところで漁が行われていますが、産地によって旬(漁期)は異なります。
通販で毛ガニを注文するなら、産地と旬を把握しておくことが大事!
毛ガニの産地と旬は以下の通りなので、旬の時期に合わせて美味しい毛ガニを選びましょう。

 

<おすすめ解凍方法>

冷凍の毛ガニを注文した場合は解凍方法が大事!
解凍方法を間違えるとせっかくの毛ガニが台無しです。
いろいろな解凍方法を試しましたが、以下の解凍方法が一番です。

①乾燥しないようにキッチンペーパーで包む

②乾燥を防ぐために表面を覆っている氷が解けるので、その水に浸からないように気を付ける

③更に乾燥しないように、お皿も一緒に全体をラップで包む

④冷蔵庫で24時間以上かけてゆっくり解凍

 


以上、参考にしていただき、美味しい通販の毛ガニを楽しんでいただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 - ランキング, 毛ガニ通販